カテゴリー「毎食、My食」の記事

2008年1月12日

♪Breakfast in America

土曜の朝は皆はゆっくりしているが、私一人早い時間からバタバタとしているのが常である。
子たちも学校が再開し、冬の体育で欠かせない"マラソン"と"縄跳び"があるせいか、しんどい顔をしていることが多い。

私自身が小学生の頃、縄跳びが苦手で「ツバメ返し」はなんとかクリアしたが、「はやぶさ」や「三重跳び」は結局6年間出来なかった。
当時は例の"亀田騒動"でクローズアップされた具志堅用高がデビューした頃だったか、先生に内緒でパーマ屋の友人が持ってきた"アフロ"のカツラを、悪タレ小僧みんなが交代でかぶって放課後に縄跳びの練習をしたことは楽しい思い出になっている。
そして"Jacksons"のレコードが家にあった仲良しから教えてもらったのが、この"アフロ"という言葉だった。
こんな風な練習では難易度の高い技が出来るはずも無く、縄跳び検定で失敗すると誰もが「ちょっちね〜!」と言うのがおきまりだった。そして具志堅は世界戦で連戦連勝していった。
この言葉最近は"へうげもの"に出てくるので、三十代に差し掛かった方たちには、産まれる以前に流行っていた言葉が新鮮に聞こえるのだろうか、、?

Breakfast2

国産小麦のパンらしい。小っちゃくてハード系のものが目覚めにもグッドな気がしている。そしてコーヒーにバナナとオレンジが最近は欠かせない。
海の向こうでは選挙が佳境を迎えようとしているようだ。シルバーに乗せたオレンジジュースを掲げ「自由の女神」風にポーズしたジャケットデザインはpopという言葉そのものだったように憶えている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月10日

フライパン(を持参)おじさん

今夜は早く仕事がハネたのですっ飛ばしてうちへ帰った。
夕飯の支度が途中だったので、急遽「チャンチャン焼き」に変更して準備した。
Chanchan
子たちの好きなジャガイモの丸焼きも添えて、焼きおにぎりと通称"免疫キノコ"も鉄板にのせて「ワンプレート」な夕飯の出来上がり。待ってる間におけいこ事の予習復習と、学校の明日の用意をしていた。

「何か知らへんけど、おにぎりがくっつくようになってきたなあ〜?」
「メラミン?が剥がれてきたんやで、きっとなあ〜、、。」
と、上が言い切った。

「そうなると嬉しいのにね、、。」
と、家人が素早く合いの手を入れていた。

「はい!コラーゲンたっぷりでっせ、、。」
と、煮凝りのお鉢と小さい盃をまわしてやる。
お椀の中の厚揚げと芽カブは、なかなか色見もよく七味の香りがたっていた。夏の内容だが旨い物はいつでも口にしている。上の子の同級生のお父さんトコのが一番に思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 8日

なくて七草

昨日は七草の日で朝食に粥とサラダをこしらてもらう。

サラダも七草に仕立てるとは参ったが、なかなか美味しいので黙っているのは悪く思い、

「、、、イケルやん!いいアイディアやないの、、。」

と、薄揚げのお椀をかたむけながらボソッと放ってみる。

「男のスウィーツって出てますけど今度の休みに見に行ってみる?」

「何それ、、?」

お正月に買い求めていた雑誌にパウンドケーキが載っていた。有名な方のお店なので前に一度だけ覗いたことはあり、シュークリームの"皮"があまりにも美味しかったのが強く印象に残っている。

雑誌には長く過ごした西陣のことが語られているようだったので、表紙を見ただけで子たちの選んだ本と一緒に買い求めたが、時間を上手く使えなかったこともあり昨日になってやっと書店の提げ袋から出てきたのである。

今もあの時、少ない休みの日に朝ご飯を食べに行った喫茶店は健在のようで、初天神の頃に行ければいいなという思いも湧いてきた。

あの頃とは嗜好も随分と変わったので、感傷に浸るだけにもなるかもしれないけれども、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)