« 女の道はLabyrinth | トップページ | ジングルベルの頃 »

2009年11月25日

キャロルは3Dハッチバック

連休最後の日に、混んだ国道を避けて旧道に入ったのが運のつきだった。
「もう間に合わへんよ ! どうする ?」
「ここは大昔は追いはぎが出たらしい、、?」
「そんなごまかすようなことを、子たちに話さないで ! 」

子どもが来週には期末テストを控えているのに、遊びに連れてゆく親がここにいる。
「クリスマス・キャロルって映画なあ、、3Dなんやて、、。観に行ってみるか?」
「3Dって何 ? 」
「赤と青の眼鏡、、、ほらUSJでバットマンの乗り物あったやろ、、。」

だが、駆け込みでチケットを求め、その肝心のメガネを探したが見つからず、仕方なしに予告編の途中から入れてもらった館内の薄暗がりの中ではそのようなメガネをかけている人は一人もいなかった、、。

ああ、、父を許せ、、。
家に帰って新聞を広げてみると、宣伝欄の下のほうに本当に小さな文字で "一部の映画館" と書かれてあった。

|

« 女の道はLabyrinth | トップページ | ジングルベルの頃 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

sadaさん、お久しぶりです。
評判のいい映画なので、私も子どもと行きたいなあって思っていたんですよ。

>その肝心のメガネを探したが見つからず

残念でした~。
私はずっと昔ですが、TBSでオズの魔法使いをドラマでやったとき、3Dだというので興奮したのを覚えています。とか、ディズニーランドのキャプテンEOとか。
いずれも、どうも3Dってのがあんまりぴんと来なくて。鈍いのでしょうか?

投稿: ののか | 2009年11月25日 07時05分

どうも放ったままですいません(*_ _)

映画は複雑な観賞後の印象が残りました。
3D以前にグラフィックに頼り過ぎなきらいがあって、生身の俳優の存在はたった 二人だったんじゃないのか?と、、、。
ストーリーの暖かさは伝わっても、どこか違和感の遣りどころに困りました。

これから観ようかと考えているののかさんには悪いことですが、、。
でも来春にあの"アリス・イン・ワンダーランド"が例のコンビの映画として公開予定になっていました。
予告編だけでもワクワクするシーンでしたよ。

投稿: sada | 2009年12月 1日 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112833/46852920

この記事へのトラックバック一覧です: キャロルは3Dハッチバック:

« 女の道はLabyrinth | トップページ | ジングルベルの頃 »