« "歯と爪"と身だしなみ | トップページ | Short Trip »

2009年10月 8日

台風一過の一家

「、、、あのな〜暴風警報が出てへんと休校にはならへんのやで、、。」
午前4時過ぎだった。
子たちの話し声にビックリして目が覚めた。
「あのな〜夜明けまでまだまだなんやから、布団に戻りなさい! たとえ休校になってもしっかりと勉強しなあかへんで!」
「おおコワ〜おネイちゃん、台風20号がここに発生してるわ!」
「ほんまやわ、私らもう暴風圏内にいるんやわ。休まな危険やで!」

口ばかり達者になってしまい、肝心の話は父と子では話し難いらしく、家人に頼っているようだ。
それが思春期というものなのだろう。別に疎外感を感じている訳でもないので好きにさせている。
ただ、時々耳に飛び込んでくる汚い響きには、やんわりとイエロー・カードを出している。

午前7時過ぎに、行政の防災無線から市内の公立学校総ての休校が知らされた。
「一日休みをもらったんやから、有意義に使わなあかへんな。机にしっかり向こうたら、買い物に連れてったげるさかいに、、なっ!」
朝ご飯には玉子フリーの"うちバイキング"を準備してやり、めいめいがパンかご飯を用意した。
サラダ用に何種類かの葉野菜を、ジャガ芋と椎茸はニンニクと一緒に焼き、ツナ缶にソーセージ、ジュース、コーヒー、番茶、牛乳等の飲み物等をテーブルの端から並べていくだけのものだ。
玉子はSunny Side UpでもScrambleでも薄焼きでも好きなようにさせている。これは夏休みに家人が火床の前に立たずに済むように、食べたい人が食べたいように調理する形にしたのが始まりである。

11時を過ぎるとまさしく台風一過で、眩しい日差しに夏が戻ったかのような気さえした。
「警報が解かれたら、、」といった条件付きだったので、約束通りに通学用の新しい靴を探しにクルマで出掛けた。
この近辺ではテレビで見たようなヒドい雨風の被害もなかったようで、すでに道路は乾いている部分のが大きかった。
お昼は気になっていたセルフの手打ちうどんの店で済ませ、夏モデルのSaleの幟が立っているスポーツ用品店へ飛び込んだ。お目当ての商品も良いものがすぐに見つかってよかった。

子たちには全く棚ぼたのような一日、雨で足止めをくらうこと無く外で有意義に送れたことに感謝している。
また台風被害にあわれた方には、慎んでお見舞い申し上げます。

|

« "歯と爪"と身だしなみ | トップページ | Short Trip »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112833/46435240

この記事へのトラックバック一覧です: 台風一過の一家:

« "歯と爪"と身だしなみ | トップページ | Short Trip »