« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月28日

"歯と爪"と身だしなみ

日々の雑事に追われていて、カレンダーが薄くなったことに今更ながら気がついた。
もうぬいぐるみ用になってしまった小さな椅子をサイドテーブル代わりに、グレープフルーツにジンをほんの少し加えて、湿らせる程度に口に運んでは夜な夜なページを繰っていた。

今月の読書のきっかけは、夏休みの終わりに「六番目の小夜子」を子供が読んでみたいというので、仕事場の本棚からうちに持ち帰ったことからだった。けれど娘は文庫の表紙絵を写したりするだけで読んでいる様子はなかった。
あとで物語の場面や感想を問われたりするのは癪なので、もう一度読み返してみたのが始まりになった。
作者恩田陸の作品に初めて触れたのは、まだ子供が小さかった頃に、顔見知りの本屋のご主人から戴いていた「青春と読書」だった。確か江戸川乱歩の「D坂の殺人事件」のオマージュのようなものだったと憶えている。
その頃は「青春と読書」を、無償配布される読者向けの情報冊子だと思っていたが、ちゃんと裏表紙には定価が記されていた。ずっと図々しい奴だと顰蹙を買っていたに違いない。

そのオマージュを含む一連の掌品を揃えた「象と耳鳴り」を手にし、「小夜子、、」の主人公一家が活躍するプロットと人物造型の妙を感じ得た。どの物語もサイコ調ではなく淡々と進む中、偽、嘘を解き明かしていくのは、クール過ぎるきらいもあるが、頭脳明晰な探偵役の父親に頷くことが多かった。

次に宮部みゆきの「淋しい狩人」を読んでみた。
こちらは古書店の主が孫と協力して事件を解決してゆくもので、「象と、、」とは対照的にくだけた会話と、主人公の中流意識に笑みを浮かべたりできる場面もあり、謎解きの妙にひと味添えている感があった。

またこの二つの作品に登場する「歯と爪」という海外の古典作品も手にしてみた。
随分昔の作品なのでトリックはもう古いものになっているようだが、今でも褪せた感のない登場人物の会話に作品の粋な部分に触れたようだった。

朝食  ブルスケッタ風バゲットサンド、生野菜(貝割れ菜、人参、レタス、南京)、ヨーグルト(焼き林檎入り)、コーヒー
昼食  五目豆煮、ジャガ芋と椎茸の胡椒焼き、黒胡麻豆腐叩きオクラ添え、赤出し、胡瓜の糠漬け
夕飯  肉じゃが、ミニハンバーグ、生野菜サラダ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月11日

夏休みが終わった夜に

この夏には、旅行にも出掛けられたし、花火も見に行ったし子供と買い込んだ吹出しもやった。
近くの山で過ごした一日は楽しかったようで、また連れて行ってくれとせがまれている。

九月も一週が過ぎ、今日は「二百十日」。一年の六割が終わったようだ。
仕事の上では未達の月が続き、気ばかり焦ってしようがない。

子供のこしらえたCDがPCのキーの上に放ってあった。最近動きのおかしくなったトレイにのせて聴いてみる。
ギターの奏でるメロディ・ラインに過ぎた夏の夕陽が思い起こされる。
 ♪例えば やさしく風が吹き   後悔の兵隊が来る 、、、
なんて聴くと、秋の虫の声よりもへこむ度は大きい。
初秋の夕陽はそれはオソロしい早さで見えなくなる。

、、と、ぼやいても腹は減るし、冷めたくき茶で口を湿らせる。

朝食  鯖カンまぜまぜ(うちでこう呼んでいる)、ヨーグルト、フルーツ(梨、バナナ、ブルーベリー)
昼食  イカのゲソとミミの焼きそば
夕飯  牛バラとさつまいものカレー

最近はしっかり食べることだけが目標になっているようで、どこか卑屈なオッサンのようで嫌になる。フ〜ッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »