« wake up on a mountain top   その2 | トップページ | 夏休みが終わった夜に »

2009年8月24日

wake up on a mountain top   その3

Mtibuki_top04
駐車場にはそれほどクルマは停まっていなかったが、山頂まで小一時間かけて登ると休憩所で夜を明かした人が大勢いたのでびっくりした。
山頂の草むらに腰を下ろし、コッヘルを手に朝食を摂る人、カメラポジションを決めるのにあちらへこちらへと重たそうな三脚を持っている人、ある者はじっとして、またある者は動いてそれぞれが今日の光を待ち望んでいる。

「まだ太陽は来ないの?」
「太陽が来るんやなくて、地球が遅いんよ、、。」
「遅いことはないで !  動いてるんは地球やで、、。」                           

Mtibuki_top02

ユウスゲの咲く時期はもうとうに過ぎていたようで、黄色く滲んだような景色には出会うことはなかったのが残念に思えた。
小さなユリの香りがしばらくの間、クルマに残っていた。


|

« wake up on a mountain top   その2 | トップページ | 夏休みが終わった夜に »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

sadaさん、私も山に上ってきました。
やっぱり山はいいですね~。
でもこんな早起きはできないです。

御一家の夏の思い出がまぶしいです!

投稿: ののか | 2009年8月26日 07時43分

ありがとうございます。
実はこの後、お山で昼前までバドミントンをしてフラフラになったあと、仕事場近くの水の名所で遊んでからシネコンでハリ・ポタの夕方のプログラムを楽しみました。
子供は移動中に寝てましたが、ハンドルを握っていると、そうとは思わなくともどこか緊張しているのでしょうね。
家人はハリ・ポタでヨダレ・ポタでした(爆)

投稿: sada | 2009年8月31日 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112833/46022138

この記事へのトラックバック一覧です: wake up on a mountain top   その3:

« wake up on a mountain top   その2 | トップページ | 夏休みが終わった夜に »