« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月24日

wake up on a mountain top   その3

Mtibuki_top04
駐車場にはそれほどクルマは停まっていなかったが、山頂まで小一時間かけて登ると休憩所で夜を明かした人が大勢いたのでびっくりした。
山頂の草むらに腰を下ろし、コッヘルを手に朝食を摂る人、カメラポジションを決めるのにあちらへこちらへと重たそうな三脚を持っている人、ある者はじっとして、またある者は動いてそれぞれが今日の光を待ち望んでいる。

「まだ太陽は来ないの?」
「太陽が来るんやなくて、地球が遅いんよ、、。」
「遅いことはないで !  動いてるんは地球やで、、。」                           

Mtibuki_top02

ユウスゲの咲く時期はもうとうに過ぎていたようで、黄色く滲んだような景色には出会うことはなかったのが残念に思えた。
小さなユリの香りがしばらくの間、クルマに残っていた。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月19日

wake up on a mountain top   その2

ご来光を見つめに行くのは、実に23年振りだった。
学生の頃、友人が新しく買ったクルマに乗せてもらい、性能の高いそのクルマでヒル・クライムをやってみようとしたのがきっかけだった、、はずだ。

「前に来た時はウサギや、シカに出会うたわ。まだそういう動物に会えるほど自然のままであるやろか?」
ハンドルを握りながら、あの時と同じ真っ暗な道なんやろか? 動物が飛び出してきたら上手く避けられるやろか?などと、家人に聞かせると心細くなるようなことを考えていた。

「あっ! ウサギやわ。」
ヘッドライトがカーブの度に山の斜面を照らすと、跳ねて行くウサギのお尻がチラッと見えた。
「まだまだ自然はいっぱいあるんよ、、。」
と、キツネが仲間を呼ぶように鳴いていた。

「さあ ! クルマはここまでやから寝る用意をするで ! 」
山頂に近い駐車場でトイレと歯磨きを済ませ、夏の装いの上からパーカーを着せ、眠る格好にさせた。

「山頂まで40分程歩かなあかんさかい、4時半には起きなあかへんよ。」
「、、、ひょっとしてあそこで顔洗うのやろかな ?」
「そうやで、、。さあ、もう眼つむっとき。おやすみやで、、。」

暖かいほうじ茶を口に含ませ、レンズを磨きながら、突然の雨が降らないように願掛けした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

wake up on a mountain top   その1

夏休みも終盤になったのに、今年はまだ何処へも連れて行ってやれず、子たちの顔もどこか曇りがちだった。
「宿題も一応は終わってるみたいやから、今夜仕事がハネたら伊吹に登って、朝日を見ながらお山で朝ご飯をもらおうか、、? って考えてんねやけど、どうやろか?」
朝食のセルフ・サンドイッチとカフェオレ・ボウルを両の手に持ち、挟んであるトマトの汁が垂れているのもお構い無しに、新聞の世界陸上の記事に眼をやりながら話してみると、、
「うん ! 行く、行くで〜ワタシ、、。」
と、下は深く考える様子もなく返事した。

「おネエちゃん、、は、どうしたいん ? 行くやろ ! 」
と、ブルーベリーが隅っこに付いた口をとがらせて、ハチミツを混ぜた黒酢の入ったグラスの氷を転がすようにして、思案顔の上を見た。

「・・・うちはどっちでもええよ、、。けどクルマの中でグッスリ寝られるやろかいな ?」
外見や所作とは正反対に神経質なたちで、僅かな物音に夜中でも眼を開けたりすることが多い。

「、、なら決まりやね。」
ゴーヤと胡瓜のワサビ胡麻和えと、茄子の糠漬けを交互に口に運んでいるうちに事は決定した。
「お山は夏でも寒いさかい長袖のパーカーかトレーナーがないと、クルマの中でも冷えるさかい用意したってな、、。それから下も膝下もちゃんとあるのにしときよ ! 夜中2時過ぎから日の出までは冷えるから、温かい飲み物もあった方がエエなあ〜、、。」

本当はお盆の頃に流星群がやって来るので、その時に決行したかったが、あいにくその頃は仕事で一番体力を消耗していた。余力が無い時は山へは足も気も向かわなかった。

「じゃ、今夜9時に家を出発するから、お母さんだけに用意を任せんと、自分で考えて支度しておくように、、。あっと、、今日の学習もやっときなはれや、、。」
と、家人に寒さしのぎの衣類のことを告げて仕事場に急いだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日

梅雨明け、つゆ知らず

今朝仕事場に向かう途中、アイスクリームが道に落ちていた。
油脂が広がるようにカップのまわりは、溶けた液体が白く輝いていた。
子たちがよく食べているものと同じデザインのものなので、アイスクリームに違いないだろう。

♪溶けて流れりゃみな同じ、、
とかいう古い唄のフレーズのようで、子たちの腹の中に納まるものと何ら変わらないのだが、アスファルトの上では焼かれたチーズのようで耳を傾ければ"ジュジュ"っという音が聞こえそうだった。

まかないをゆっくり出来る時間が少なく、ワンプレートのランチのようにどんぶり飯の上にトマトと冷や奴をのせ、しぐれ煮の残り汁で和えたレタスと貝割れを添えてかき込むように食す。テーブルには鰻の頭とお焼きを一緒に焚いた「うずら豆腐」も置かれてあったが、熱くて誰も箸を付けた後がなかった。温かなほうじ茶で胃を優しくするようにして済ませた。

夕方のラジオで梅雨明けを知る。
例年名古屋場所の頃は梅雨は済んでいたのに、今年はお役所での観測以来の長雨だったという。
もうすぐ十五夜、土用もあけて暦は秋に向かうがジリジリとした暑さはまだまだ続くようらしい。
三食、流し込んででも食べないとお盆の頃にはヘバってしまうだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »