« 家人の引き出し | トップページ | シリアスなシリアル »

2006年10月23日

ヲニと会ったらビックリ、、

学校での読み聞かせは、子ども達が恐れ驚くような世界の話も
時には選んで話しているが、それもこちらの自己満足の様で、
最近では物語の展開の奇抜さを、面白く思わせるようなものを
探しては出掛けている。
とはいっても、自らの休みの度ごとではないし、興にのらない
と断わりを申し出ている。

今度のは赤羽末吉の「鬼のうで」。
酒呑童子と源頼光の大江山の鬼の伝説を、氏が古典のドラマル
ギーを膨らませ作品に仕立てたものである。
「御伽草子」などにも書かれた題材で、能の「茨木」も同じ鬼
のうでの話である。亡くなられた詩人茨木のり子さんはこの能
の題からペンネ−ムを付けられたそうだ。

物語半ばからは下鴨神社「糺の森」での、渡辺綱の鬼退治とそ
の顛末について進んでゆく。
十二神将に守られた鬼のうでも、頼光のわずかな油断から取り
戻されてしまう。何が油断の元になったのか?そこがこの物語
の根っこなのだろう。

子たちはどういった反応と興味を示すだろうか?
翻って自らの場合はどうだろうか?
一緒に考えてみたいものである。

       

|

« 家人の引き出し | トップページ | シリアスなシリアル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112833/12397154

この記事へのトラックバック一覧です: ヲニと会ったらビックリ、、:

« 家人の引き出し | トップページ | シリアスなシリアル »