« 「おいしい生活」は辛い | トップページ | 番外編「お題バトン」のこと »

2006年5月23日

さよなら「王さま」、「たまごやき」

今朝の新聞紙面で訃報を知った。
その方は私たち家族を二世代に渡って、心のこやしを分けて
いただいていたようだった。
愉快でとぼけたような「王さま」は作者自身だったようでも
ある。
先日亡くなられたイラストレーターの長新太氏の絵も印象に
ある「たまごやき」シリーズも忘れられないものになった。

朝食のテーブルで子たちにそのことを話すと、揃って本棚に
向かい、王さまの本を開いては話してくれた。
「もう王さまの新しいお話はないの?」
「そうかもしれへんね、、。この本作ったおじさんは天国に
 行かはったんよ、、。面白いお話ありがとうやね。」
「なんかつまらへんわ!王さまもどっかに行ってしまうん?」

登場人物に歌わせたり、韻を踏んだ綴りで幼子が自ら声を出
して、読む気にさせてくれるストーリーの描き方は、大人の
私たちにも幼少期の読書の達成感を思い起こさせてくれた。

王さまは子たちの心に生き続けて欲しいと願う。成長をずっ
と見守っていてほしい。安らかに、、。


|

« 「おいしい生活」は辛い | トップページ | 番外編「お題バトン」のこと »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112833/10212780

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら「王さま」、「たまごやき」:

« 「おいしい生活」は辛い | トップページ | 番外編「お題バトン」のこと »